“シン・ゴジラ”登場 震撼 アマゾンプライムビデオ

“シン・ゴジラ”プライムビデオに登場


プライムビデオで”シン・ゴジラ”観れて驚きです。
なんか劇場ロードショーしてたのがついこないだのような気がしてたんですが、
調べると公開日は2016年7月29日

時間がたつのは早いなと。。なんか切ないですね。。

初めて観に行ったゴジラ映画


子供の頃ゴジラが大好きで映画が出るたびに観に行ったのを覚えています。
私が初めて観に行ったゴジラ映画は1995年12月9日に公開の「ゴジラVSデストロイア」です。
キャッチコピーは「ゴジラ死す」。
デストロイアをみたとき「キモくて強そうでかっこいい!」そう思ったのをいまでも覚えています。
なんか話が全く通じなさそうな感じがまたいいです。この頃ぐらいからゴジラの怪獣に幼体がでてきて~合体みたいな流れが加わった気がしています。

一番好きな怪獣デザインはビオランテ

S.H.MonsterArts ビオランテ フィギュア


一番好きな怪獣は「ゴジラvsビオランテ」の”ビオランテ”です。別名「バイオ怪獣」。
植物型モンスターっていいですよね。植物の成長スピードと怪獣のパワーを手に入れて、速攻でめっちゃでかくなって暴れまわる感じ。
G細胞と植物の薔薇(人)を融合させることによって誕生したビオランテですが、怪獣のデザインがめちゃくちゃカッコイイです。
植獣形態時のゴジラに似た大きな顎と牙。頭部はワニのような造形ですね。
長い触手に赤くグラグラと怪しく光る腹。触手の先にも口があります。
このフォルムは男の子にはたまらないはずです。
でも植物なんで燃えやすいのが弱点なんですよね。。メチャクチャわかりやすい弱点笑。

個人的見どころ

話を戻すと、シン・ゴジラは劇場に2回観にいった作品ですが、まだまだ面白い。
このゴジラは怪獣映画でゴジラが第一形態から第二形態へと変態するところや、
ゴジラと戦うところももちろん見どころなんですが、
個人的な一番の見どころは、ゴジラへの対応方針を検討している会議や、
対策チームの内での役人達のやり取りだと思っています。

グダグダな感じや形式的な会議など、実際リアルなのかどうかわからないけど、
すごくリアルに描写しているように感じさせていて素晴らしいと思います。
御用学者、責任の押し付け合い、優柔不断な上長の描写なんて日本社会の縮図です。

出演する自衛隊の戦車も最新式になってます。
昔のゴジラ映画にでてくる戦車は大体「74式戦車」だった気がします。違ったらすいません。。
シン・ゴジラにでてくる戦車は「10式戦車」。10式戦車は「90式戦車」と比べるとかなりコンパクトな感じで、きびきび動きそうな感じ。90式戦車が50.2tに対して、10式戦車は約44t。
90式が北海道で運用想定だとすると、10式は日本列島で運用するにちょうどいいサイズ感なのでしょうか。

劇中にでてくる「巨災対」って名前もいいですね。
正式名称「巨大不明生物特設災害対策本部」略して「巨災対」です。

これを機に観なおしてみてはいかかでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です