今年も PHPカンファレンス関西2018 に参加予定です。

PHP カンファレンス関西2018に参加予定でチケットを購入しました。
今年のセッションで個人的に興味があるものを勝手に上げておきます。

PHPカンファレンス関西2018

続・SOLIDの原則ってどんなふうに使うの?

13:10 C07
概要

今のところ一番聞きたいのがこれ

6月16日のPHPカンファレンス福岡2018で『SOLIDの原則ってどんなふうに使うの? オープン・クローズドの原則編(拡大版)』は話されているようです。
表題通りその続きになるのでしょうか。以下ブログにその内容がのっていますのでそちらを確認してからのほうがよさそうです。

https://blog.hidenorigoto.com/entry/2018/06/15/180000

PHPアプリケーションのコンテナ化入門

13:55 C01+C02
概要

はじめアプリ実装設計レイヤーのコンテナの話かなとおもったのですが、
課題に対してAWSのコンテナ管理サービスでどう解決することができるのかといった記述があるのでインフラのコンテナのお話のようです。

PHPStormで始めるテスト環境

14:45 C01+C02
概要

PHPStorm最近つかい始めましたが、マシンスペックが足りずほとんどつかえず、
デプロイ、DB接続、コーディング設定などの初期設定をして満足してしまい放置状態です。もたいない。。
マシンスペック更新待ちの中ですが、最近しょうもない不具合系が多いので自動テストも頭の先頭に持ってきて検討しないといけない時が目の前まできてますw

CircleCI 2.0 を使い倒そう

15:35 C07
概要

これも上記におなじ理由ですね
1コンテナは無料からというCIですが、
働いている会社によっては何者かの忖度により議題にすら上がらないことがあるので悲しいです。
検討ぐらいはせめてさせてほしい。。

以上の4点です。

東京も状況次第で参加したいですね。

“今年も PHPカンファレンス関西2018 に参加予定です。” への2件のコメント

  1. 後ろの席

    今年か来年は是非参加してみたいです!

コメントは受け付けていません。