国内の EVSSL に絞った カンタン 比較表。最安 サイトも

国内の”EVSSL” 比較表です。EV は登記済み法人/団体むけのSSLサーバー証明書。個人は取得できないので注意です。

“EV” は業界基準の厳格な認証で法的/実在性証明かつグリーンバーをゲットできる。グリーバーは一目瞭然なのでユーザーへの安心感を与える効果は大きい。追記:9/2 2018 Google Chrome 69のリリースによりChrome ではEVでもグリーバー表示が廃止されました。
セキュリティ意識の高さもアピールできる。

マスタリングTCP/IP SSL/TLS編

価格引用元は「さくらのSSL」「グローバルサイン」「シマンテック(デジサート)」「SSLBOX(COMODO)」「Joe’s SSL市場」各サイトの最安価格から。一部「サイバートラスト」などはサイトがわかりにくいので「「さくらのSSL」から。

※低価格順 2018/06/15 現在

ブランド商品名1年料金(税抜)最安サイト
SecureCore(COMODO)SecureCore EV SSL 48,000円SSLボックス
サイバートラスト(デジサート)SureServer EV for SAKURA49,500円さくらのSSL
グローバルサインEV SSL98,800円Joe’s SSL市場
シマンテック(デジサート)トゥルービジネスID with EV115,200円Joe’s SSL市場
シマンテック(デジサート)セキュア・サーバ ID EV126,500円Joe’s SSL市場

国内のEVSSL を比較してみての感想

EVはDV/OVと比べてやはり効果なので慎重に検討したい。
発行される認証局ブランドを重視するのであればグローバルサイン、シマンテックを選択か。
認証局にこだわりがないのであれば、安価なEVでも認証レベルは同じでなんで選択肢に入ってくる。