“VScode”でFTP連携 | VScode上で 拡張機能 検索から「sftp」を検索

VScode SFTP連携

VScodeでSFTP連携できるようなので設定してみました。

今回は拡張機能「sftp」を利用しFTP連携します。
VScode上で拡張機能検索から「sftp」を入力検索、インストールします。

インストールが終わったら
コマンドパレットで下記を入力し選択

>SFTP: Config

入力するとsftp.jsonが開かれますのでSFTP接続情報を設定していきます

sftp.json

//def_config
{
host: "host",
port: 22,
username: "username",
password: "password",
protocol: "sftp", // sftp or ftp
agent: null,
privateKeyPath: null, // absolute path to user private key
passphrase: null,
passive: false, // ftp passive mode
interactiveAuth: false,
remotePath: "./",
uploadOnSave: false,
syncMode: 'update',
ignore: [
"**/.vscode",
"**/.git",
"**/.DS_Store"
]

}

環境によりパスが通らない等のエラーが出るようでしたら二重バックスラッシュ「\\」を試してください。

C:\\Users\\hogehgoe\\himitugagidayo.ppk

下記4点設定してやればVScodeからFTP接続できるようになります。

  • host
  • username
  • passかprivateKeyPath
  • remotePath

設定例

//def_config
{
host: "hoge.hostname.jp",
port: 22,
username: "username",
password: "null",
protocol: "sftp",
agent: null,
privateKeyPath: "C:\\Users\\hogehgoe\\himitugagidayo.ppk",
passphrase: null,
passive: false,
interactiveAuth: false,
remotePath: "./home/hogematu",
uploadOnSave: false,
syncMode: 'update',
ignore: [
"**/.vscode",
"**/.git",
"**/.DS_Store"
]

}

ファイルのアップロード、ダウンロードはマウス右クリックまたはキーボードのアプリケーションキーからメニューを開いてアップロード、ダウンローを選択できます